ご案内とお問い合わせ

 

ユーザーサポートはこうなる?

 

企業側に返事するかどうかの選択肢がある

クレームが発生の初期段階ではTwitterで不満を投稿する人が多い。このいくつもある不満の中から、証拠?画像を見て企業側の担当者が必要と判断した分のみに返事することができる。企業側で取捨選択してコントロールが可能で費用や範囲、規模を決められる。@付やダイレクトメールでの直接問合せではないので返事するかしないかわ必然的に企業側が決める事になる。 参考例 (アマゾン)

 

クレーム処理コストの大幅削減
企業側が全てをコントロールするので、対応する時間や場所を選ばす人員ボリュームの増減など自由に決める事ができる

 

本格的なクレームの削減
シンプルな初期段階では数を多数処理できるので本格的なクレームに発展しにくい。
 
 ケーススタディ
●購入履歴ないものが届いて、クレーム前に検索で知り先にメッセージを送った? (アマゾン) 見る
●除湿機からなにかが溶けて? (アイリスオーヤマ) 見る
●コンビニ受け取りで、誤解で感情的なる前にメッセージを送った? (アマゾン) 見る

 

すごく喜ばれ自然拡散する
思いもよなず自分を助けてくれた、サポートしてくれたと言うことはtwitter上で公開され、検索れて自然に拡散する。
 
 ケーススタディ
●解決できました、ありがとうの返信も? (アマゾン) 見る

 

おりがとうは企業モラルを高揚させる
日頃からユーザーに接することにより、ありがとうが拡散する。内容は誰でもか見れ公開されているので自然とファンが増えファンの声は企業と担当者のやる気に拍車をかける。この良い循環は何かあった不足のの事態でも炎上を沈め本当の企業の思いを伝搬してくれる。

 
 
▽ 無料の各企業用ページでは

 
各企業に代わって見つけ出す
報酬を伴わい作業で本当の前段階クレームを発見し掲載しています。この中から必要な分のみ選択し返事が可能です。 アマゾン参考例
 

無料ツールで探せる
前段階クレームを探すには、各社のページ上部にある、赤点数横の「Twitter素の思い」から証拠?画像付きを見るて探せます。 アマゾン参考例
 

ユーザー自身が自己解決
マルチ検索や事例紹介、更にキーワード自動入力などの機能で、前段階クレームになっている問題点をユーザー自身で自己解決しやすい。

 
各企業用ページまだ無い場合
無料で作成できます。下記よりお問い合わせ下さい。また時期により時間がかかる場合(寄付で成り立っているため)があります ※お申込み頂いてもTwitterでつぶやかれる数が少ない場合や規定によりご利用いただけない場合があります。 TW規定等に準じます 法人限定

 

掲載企業リスト

 
 

▽ お問合せ

    会社名やお名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    内容

    captchaこれを入力→ 

     

     

    お願いz 編集部 (NPO法人準備室) まで
    tel 06-6626-9602

    ※席外や話中の場合は上記フォームからお願いします。

     
     
     
     

      
      Top 社名 願い ヒント chatAI 掲載

       お願いz 編集部 (NPO法人準備室)
       問い合わせ