AIチャットと会話(練習)


高齢者の会話を使った認知症予防のトレーニングから、英会話をはじめフランス語、ドイツ語などあらゆる言語の練習がこのAIチャットでできます。「月までの距離は?」と聞いたら「何するの?」と答えるかも知れません。検索ではなく会話のキャッチボールが中心です。答えれるかどうかは会話の学習量によります(その内答えれるように..)

できればPCよりスマートフォンの音声入力がスムーズです。入力フォーム(窓)をタップして入力状態にします。

マイクマークをタップして音声で入力し「chat」ボタンを押します。

 

(1) 高齢者の会話を使った認知症予防のトレーニングに

   高齢者専用の会話とかも可能です。
 

(2) 英会話をはじめ各国の言葉で会話練習に

   できればiPhone の音声入力の方がスムーズです。会話は通常の場合と同じです。
   
   翻訳G をタップ、日本語入力を確認して、マイクマーク後「今日は何食べるの」と音声入力します。すると英語では「What do you eat today」と表示されます。スピーカーマークを押して発音を確認。このAIチャットページにもどって音声入力してください。発音が認識されうまく表示されたら「chat」ボタンを、認識されない場合は再度正しい発音を聞いて練習してください。

   iPhone の場合は、入力画面て地球マークを押すことで、日本語や英語を切れ変えでき正しく練習できます。英語モード切替で「カップ 」は「cup」と認識さます。Androidには言語切替がないので「カップ」は「cup」や「カップ」と表示されます。

 
 
 


 
 
 
 

 別窓


  
 
.. 未来は思う人に降りそそぐ
  AI by ACOA